シーフード食品をさらに身近に美味しく召しがっていただきたく、 丸北北都は数多くのオリジナルのシーフード食品を取り扱っています。 丸北北都は美味しいシーフード食品の材料となる質のよい海産物が豊富に 水揚げされるオホーツク海に面する網走に位置します。蟹や鮭、 海産加工物など、おなじみの美味しい北海道の特産物やシーフード食品を 数多く取り揃えている丸北北都ですが、ここでは特に丸北北都特製の オリジナル商品を紹介いたします。 丸北北都では、シーフード食品をおつまみやおやつ、お酒の肴、さらには お土産品としてより多くの方に楽しんでいただきたいと願い、てまひまを 惜しまずに様々な加工を行い、新たな試行錯誤のすえに多くの新しいシーフード 食品のオリジナル商品を生み出しました。



ニポポは幸せをよぶマスコットとして北方民族の住人に昔から親しまれている木彫りの人形です。(幸せな夢をかなえてくれるという意味) そのニポポ人形を模して、すり身発祥の地、網走で生まれた蒲鉾「ほたてニポポ」です。

「貝柱と日高昆布」を独特の製法で加工し、独自の味付けで仕上げた一品です。網走の特産物として人気があり、お年寄りやお子様にも食べやすいやわらかさ・味付けです。

オホーツクの海で採れた天然の干し貝柱だけを使用し帆立本来の品質や味を損なわず当店独自の技術によりふわふわに仕上げられています。

北海道産の上質な真イカを昔ながらの製法で当社自家製の調理タレに漬け込みました。 いか沖舟漬は、漁師が捕れたてのイカを丸ごと舟の上で醤油ベースのたれに漬け込んで食べることから、沖で漬ける・・が由来の漁師の料理です。